@POPの新技術

O2Oプラットフォーム 詳細な配信設定が可能な@POPの配信トリガー

POINT 1

高精度位置情報 (10cmから無限大∞)

設定したい距離に応じて、Beacon、Geofenceを使い分け、
最適なタイミングを図れます。

Beacon
GPS
Wi-Fiと連携

位置情報画像

位置情報の検知​

セール情報、店舗情報、クーポン、POINT発行情報などをリアルタイム、ベストタイミングでプッシュ通知を配信できます。
マーキングした範囲にだけに配信することもできます。

  • お店の前を通ったら(Beacon)
  • お店の特定範囲に入ったら(Geofence)
  • ライバル店に近づいたら
  • 最寄りの駅におりたら
  • 商店街に入ったら
  • 駅前でクーポン配布
  • 商店街の入り口で案内チラシ配布
  • ライバル店の半径●●●mに入ったらクーポン配布

ご利用例

@POPカフェ(架空の店舗です。)

高精度位置情報サンプル画像01
1
高精度位置情報サンプル画像02
2
高精度位置情報サンプル画像03
3
高精度位置情報サンプル画像04
4

POINT 2

タイミング情報

設定したい距離に応じて、Beacon、GPSを使い分け、
最適なタイミングを図れます。

例えば…

  • タイムセールでプッシュ:「本日はブレンドコーヒー50円OFFです♪」
  • 昨日来店してくれた方にプッシュ
  • 「昨日はご来店ありがとうございました。本日ご来店の際は、50円OFFさせていただきます♪」
  • 雨が降ってきたらからプッシュ:「本日は雨ですね。ブレンドコーヒー50円OFFです♪」
  • セールのタイミングでプッシュ:「◯日から◯日まで、ブレンドコーヒー50円OFFです♪」
  • 在庫が余ってるからプッシュ:「只今、当店オリジナルブレンドコーヒー粉200g100円OFFです♪なくなり次第終了です。」

POINT 3

行動履歴(属性)

行動履歴(属性)× 嗜好性 を把握してベストなタイミングで配信

~日々の生活同線の中で欲しいタイミングで欲しい情報をお届け~
アプリ側でユーザーの履歴情報を蓄積し、ユーザーの嗜好性を予測しPUSH配信ができます。

  • 婦人服売り場への訪問が頻繁なユーザーを、女性に関係ある人と認識して、その人にあった情報を配信
  • 毎日通う通勤経路からその人の生活同線や興味のあるものを自動配信
  • それぞれの人がよく見る時間帯に合わせて配信
  • 既読情報とタイミングを学習しAI化して配信
行動履歴画像

POINT 4

双方向コミュニティ

ユーザー同士またはユーザーとクライアントのオウンドメディアの活性化

双方向コミュニティー

双方向コミュニケーションはマーケティングにおいて、ユーザーとのエンゲージメント強化に有効であり、既存SNSサービスを活用するケースが増えています。
自社のプラットフォーム構築によりクライアント独自のコミュニケーションチャネルとして店舗単位や地域単位、属性や趣味など様々なグループ作成が可能です。
活用例:ネイティブアド、アクティブユーザーの活性化、オンラインイベントの活性化

  • コミュニティモジュールの組込みによりユーザとクライアントでの双方向 コミュニティを実現
  • 今日すれ違った半径30mの人達とメッセージが送れる
  • コンサートにあつまった何万人と一瞬で友達になる